한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/5/19

ダボス会議での、法人税下げするとの安倍発言をもって、それが国際公約なんだと言うのはずるい手です。  日本共産党

 消費税の引き上げをしたばかりですが、法人税の大幅引き下げを今年度やろうとしています。


 消費税増税分は今年度、国と地方に5兆円の増収が見込まれている一方、不要不急な公共事業などを中心に、大企業支援は5.5兆円になります。


 これでは、消費税の引き上げは大企業支援のためだったということになります。


 1989年に消費税が導入されてこのかた四半世紀の25年、消費税の分282兆円と、法人税が引き下げになった255兆円と、ほぼ数字が拮抗しています。


 これは、消費税は法人税減税のためだったと言わざるを得ません。



 ダボスに限らず安倍総理のやり方は、外国に行って勝手な発言をしておいて、国内に帰ってから、
『国際公約をしているから…』


 これは、日本の国民との対話をやって、国民との公約をしなければならないのに、約束をする相手を間違えています。順番も間違えています。


 それにしても、【ダボス会議】…。ダボダボのズボンを履いているような安倍さんの発言ですね。

 安全保障問題についても、安倍総理が、『お母さんや子どもたちを守るため』『在外邦人の救出』を口実に、集団的自衛権行使を言っています。


 しかし、邦人救出は、日本政府が責任をもってやるべきことであり、米軍に頼んで一緒にやる【集団的自衛権】ではありません。


 米軍とともに救出をやるなら、むしろ邦人は危険になってしまいます。


 実際に一番現実的にありうることは、イラクやアフガニスタン戦争のように、アメリカがやる戦争に、日本の自衛官も参加して血を流し、日本を攻撃した訳でもない他国の国民を殺し殺される事態になるのです。


 つまり、日本国民たる自衛官を死なせることになります。


 これでは、邦人を守るという説明とはあべこべです。


 黒を白と言いくるめるトリックです。
0
タグ: 暮らし 学生 消費税




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ