한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/5/28

NHKプレミアムで日本画の天才絵師に親しもうと…曽我蕭白など  村のあちこち村おこし

 安倍晋三政権が、再稼働の第1号として狙う川内原発がある、鹿児島県薩摩川内市は、その形が姶良カルデラの方に首を上げながら、駱駝がうずくまってしまった格好に見えます。


 火山の大爆発が起きて火山灰が降り積もった場合、道路は使えず車で避難はもちろんできませんが、駱駝がいれば駱駝の背中、馬や牛ががいればノロノロと避難は可能かもしれませんが、駱駝でさえ土砂のような火山灰が降り積もってきては、ついにへたり込んでしまったという格好です。


 そんな火山の近くには、そもそも原子力発電所は置いてはならないということになります。


 原子力規制委員会のメンバー2名を辞めさせて、推進側と思われる委員が2名送り込まれたというニュースは、安倍政権の強引なやり方が、裏から後押ししているのではないでしょうか?


ーーー・ ・ー・・ ・・


 頭の中に、映像をいくつもいくつも仕入れて、さらなる記憶力を鍛えようと決意したならば、【日曜美術館】や【プレミアム】などの美術的な番組にも、できるだけ接して…


 【曽我蕭白】という名前は今まで全く知りませず。


 それもそのはず、江戸時代は異端視されて、明治以降も埋もれていて、やっと最近発見されたものらしいのです。


 曽我と言えば、曽我兄弟が浮かぶ人はかなりな歴史と文学通です。私は山西小学校時代の曽我みまこさん(童謡歌手)のステージ姿が浮かびました。


 万徳の種場所のどこかに、真っ白い花をランブが灯ったかのように咲かせるハナミズキがありました。


 空想の中で、その場所のハナミズキの木に、【蕭白】のプラカードをぶら下げたら、はたして覚えていられるでしょうか?


 認知症予防の取り組みは、若い頃からやっていけば、それははからずも記憶力を鍛えることになりますね。


 私は、新聞や雑誌などに掲載されてくる、俳句・短歌・川柳について、素人が作ったものだから読んでも仕方がないと思っていましたが、なかなかどうして、覚えるつもりでイメージしながら読んでみれば、頭の中にそのイメージがすんなり入るという効用が発見できました。


 素人作でも選句されたものなら、やっぱりいいもんだなと思った次第。


 ギターの練習など、指を動かしながら、今日1日学んだこと出会った人などを思い出すようにしたら、想起の訓練になって、海馬にある短期記憶を、脳内の各場所に長期記憶に変換して蓄えていけるのではないでしょうかね?


 私は、ブログに書いているうちに、知っているのになかなか出てこない単語があったりすることがあり、例えば今回は【川柳】という言葉が知っているのに出てきませんでした。

 ならば、具体的に熊本市内のパルコ前の電車の曲がり角から、NHK熊本放送局がある千葉城の川沿いにある柳が風にそよいでいるところに、蛙が飛びつこうとしている場面をイメージして覚え直すことにしました。


 赤い鳥居がありそうな神社から美術館の方に流れていく車もあって、この変則交差点は待ち時間が長い印象があります。


 近くの川沿いの公園には、横井小楠など肥後の幕末に活躍した先進的な群像が、銅像になっています。


 熊本市役所の横幅の大きな建物が正面に見えて、熊本城の長塀が白く、濠の役割を果たす川が静かに流れています。


 【川柳】の単語から、ここまでのイメージがワンセットで頭に入れば、熊本城の楠から流れてくる酸素の多い風が肺の中に入ってくるようで、深呼吸までしたくなりましたね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ