한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/5/31

台湾の高雄空港から、西原村隣接の空港に臨時便が飛来するならば、ホームページも繁体字対応にしては…  村のあちこち村おこし

 全国の自治体のホームページをあちこち閲覧してみますと、かなりの割合が英語・韓国語・中国語の3言語対応になっています。


 スペイン語・ポルトガル語対応などは珍しい。


 対応の内容もホームページまるごと自動翻訳サービスによって、読めるようにしたものだとか、一部観光情報だけを翻訳してアップしたものだとか様々です。

 自動翻訳だと、この私のブログのように、全文読むことが可能です。


 行政の場合は、公式ですから、無料サービスを利用するというような訳にはいきません。やはりきちんと契約を結ぶ必要があります。


 お金はかかっても、その自治体ホームページからリンクした、商工会だとか観光推進協議会などの二次的なサイトも、リンクをたどって読み取りが可能なんではないかと思うのです。


 それは確認しなければなりませんが…


 もしそういうことなら、阿蘇郡市の6市町村が連携して、英韓中以外の言語である、スペイン語・ポルトガル語・ロシア語・フランス語・ドイツ語・ベトナム語・インドネシア語・ヒンズー語・タイ語・アラビア語…など、ひとつの自治体ごとにひとつの言語を分業担当して、自動翻訳サービスを契約するようにしたら、例えば阿蘇全体の情報が、多くの言語から読めるようになるのではないかと思うのです。


 例えば、南小国町は数十年ほども相互ホームステイに取り組むなど、伝統的に【ヒゴタイ交流】を続けています。


 これはヒゴタイという希少な薄紫の花を咲かせる植物にちなんで始まったのかもしれませんけれど…


 タイの人が、阿蘇のことを知るには、南小国町のホームページがタイ語対応は任しておけと、アイコンをクリックするようにすれば…


 とか、西原村は、隣接の空港に台湾からの来訪者が増えるのを見越して、西原村のホームページは繁体文字の翻訳サービスとの利用契約をして、台湾の人との対応は任しておけという入り口にする…というような分担です。


 この方式がうまくいくなら、天草だとか、人吉・球磨地方でも挑戦してよいのではないかと思うのです。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ