한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/6/3

バイオミミクリー。微風で発電できる風車。ペットボトル風車向けに、あらかじめトンボの羽の凸凹をつけて…  環境・教育

 動物にヒントを得た、バイオミミクリーという技術のジャンルがあるとか…生物模倣工学ともいうようで…


 蓮の葉に見られる微細な凸凹を再現して、優れた撥水性の素材ができたり、蜘蛛の糸を模倣して強靭な繊維を作り出したり…


 また、シャープの掃除機に、猫の舌の特徴をまねて、吸い込んだほこりなどを、圧縮する回転羽根の表面に、トゲ状のざらざらした突起をつけたら、ゴミが10分の1に圧縮されたんだとか。


 リクシルは、カタツムリの殻の表面に、幅が数百ナノメートルの溝が何本も並んでいることで、汚れがつきにくくなっていることを発見して、建物の外壁に、ナノレベルの薄い水の膜を張って汚れにくくしたとか…


 トンボがなぜ微風でも空中にいとも軽々と、まるで見えない糸で吊るされてでもいるのかな、静止できるのかなと、不思議に思った小幡章教授は、トンボの羽に浮き出た葉脈のような凸凹にその謎があったことを発見したそうです。


 これもまたバイオミミクリーですね。


 この原理を応用して、氏は微風でもくるくるとよく回り、暴風のもとでもしなやかに風を受け流しながら、やはり回転するという、いわば全天候型の小型風力発電機を開発したそうです。


 私は、もう一歩進めて、ペットボトルから切り抜いて作った風車をよく田舎では、もぐら威しの工夫で、くるくる回っているのを見かけますが、あらかじめペットボトルを作る会社が、よく回る風車を作ってもらう前提でトンボの羽のような凸凹をつけたものを作るようにしたらどうかと思うのです。


 もぐら威しの目的であったとしても、微風でもくるくると回ってくれたら、その振動によって土竜はビックリ!


 効果抜群ではないでしょうか?


 私は、阿蘇くまもと空港の滑走路裏の道をよく走るのですが、プロペラ機がブーンといって、比較的短い滑走で離陸するのを目撃します。


 これがさらに凹凸のついたトンボの羽のような翼をつけた飛行機だったら、ほんの十メートルしか滑走しなくてもふわりと離陸できるかもしれないと思いました。


 すると、災害時の救援などの場面で、空港ではない空母の甲板みたいな狭い土地からでも離陸することができて好都合ではないかと思うのですが…


 欲を言えば、翼に形状記憶合金を使って…スピードを出すときと、ゆっくりしたスピードで離着陸する時とで翼の表面に凸凹を出したり引っ込めたりできたらよいのかもしれません。


 視覚障害者が、点字機械を操作しておられるところを見ましたが、小さな点字の突起が出たり引っ込んだりしていました。


 そんな点字機械の要領で翼の上の突起も出したり引っ込めたりすることも、日本の技術であるいは可能ではないかと思うのですが…


 私が朝、ポナを走らせて一緒に自転車を漕ぐときに、犬は脚の長さがほんの20センチしかないのに、四本脚を使って人間より速く走れることを不思議に思いました。


 人間も四本脚で走れば意外にもきわめて速く走れて、世界新記録が出るかもしれないなどと考えてみたのも、アニマルミミクリーの一種かもしれませんね。


 運動会のムカデ競争も、もとはと言えばムカデの歩き方を見て発想したものでしょうか?


 このように、ネットでバイオミミクリーの例を調べてみたら、ほとんどが日本人の発明で占められているような気がするのですが…


 自然万物みなわが師…という、日本人の精神の根本が反映しているのかもしれませんね。


………………………………


 菊陽病院の家族会会長をさせていただいています。私はパチンコ依存症の人々と一緒に、パチンコ規制強化を訴えたいと思っています。これはマスコミがパチンコ広告を受け入れて全く批判記事を書かないなど、相当根が深い社会問題ですが、韓国では2006年にパチンコ禁止が実現できました。

菊陽病院はギャンブル依存症の人々をも診察に受け入れています。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ