한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2014/7/25

赤旗インタビューで、インドネシア副大統領補佐官デビ・フォルトナ・アンワルさんが平和構築を語る  村のあちこち村おこし

 もうひとりの【デビ夫人】が、今朝の赤旗しんぶんの【焦点・論点】に登場(デビュー)されています。


 というのもインドネシア大統領は、選挙で新人のジョコ・ウィドド氏が湯殿(ユドヨノ)のあるジャワ島でチョコっとの差で勝利したばかりだからです。


 いつもワイド番組でお馴染みの、スカルノ元大統領の妻・デビ夫人がすぐ浮かびました。


 ところが写真を見ると、別人のデビ夫人でした。


 しかし、なぜかシッポリと潤いのある眼に笑顔が美しい女性で、【SIPRI(シップリ)ストックホルム国際平和研究所】の理事をされていると知り、やっと【シックリ】きました。


 お名前は、デビ・フォルトナ・アンワルさんです。


 戦争や紛争をしている【あん 悪】な国々が【フォルトナ(ほっとけない)】という気持ちで、平和構築に志された国際政治学者です。


 ジャカルタから赤旗の松本眞志記者がインタビューされた記事ですが、デビ・フォルトナ・アンワルさんは、今年5月にシンガポールで行われたアジア安全保障会議で、講演したヘーゲル米国防長官に対して、論陣を張ったぐらいの勇敢な気迫のある論客です。


 ASEANの平和構想と米国の軍事同盟強化は両立しない…と、堂々と主張されたようです。


 このような論客を、日本からも続々と輩出するように教育ができるなら、これこそ理想です。


 『力の均衡』より共通利益追求 北東アジアに平和協力機構を


 と題して、インタビューに応じておられます。


 日本は、過去の軍国主義から本当に生まれ変わったんだということを近隣国に確信してもらう必要がある、と述べておられます。


 慰安婦問題で言い訳をしたり、そもそもなかったことにしようという試みは、近隣国に失望を与え、誠実さを欠いていると感じさせたし、靖国神社への参拝もさらなる問題を生み出したという指摘は、身にしみます。


 ASEANは、【ASEANプラス3】という、日中韓の3か国が会合できるフォーラムを提供していますが、二国間の問題を話し合うには大きすぎるので、【ASEANプラス3】や【東アジア地域フォーラム】に参加する北東アジア諸国が、自分たちの地域協力機構をつくるように希望すると提言されています。


 これはまさしく、日本共産党や韓国政府が提唱していること同じ構想ではないでしょうか?


 ここから、平和なアジアの未来構築への、希望の光が射し込んでいるような気がします。


 ただその実現のためには、世界大戦での侵略国が積極的になる必要があるとの、デビさんの発言には、日本共産党の一員として体が震えるほどの感動が湧いてきます。


 安倍自公政権打倒!解散に追い込んで、日本共産党の大躍進を勝ち取り、きっぱりと政治を変えるぞ!


 今まで、北東アジアの平和構想というのは、夢のまた夢のような気がしていましたが、【ASEANプラス3】のひとつの分科会みたいな感覚で取り組めばよいだけの話ではありませんか?


 となると、インドネシアという国のスカルノ大統領らが始めたバンドン会議の精神というものの気高さが、今になって心の中に染み込んできました。


 朝ドラ【花子とアン】に引き込まれていくうちに、宮崎滔天と孫文らの交流の時代に触れていけばいくほど、当時を知れば知るほど、今の青年たちが立ち上がらねばならな情勢なんだと思います。


 なるほど、
『NHK 朝ドラだけが平和主義』
との、どなたかが発表された川柳の通りで、内容は深いですね。


 熊本県は、NHKの大河ドラマに加藤清正を!と要望する運動があるそうですが、朝ドラの【花子とアン】は、熊本県が生んだアジアの英雄・宮崎滔天のドラマだと思って見てもよいかもしれません。


 こうなったら、大河ドラマにもいつの日か【宮崎四兄弟】を採用して欲しくなりました。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ