한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2015/4/30

日本史の重視…それなら戦争のページを充実させねば  村のあちこち村おこし

先の戦争がどれだけの悪であったのか…世代継承しなくては…

そのためには教育も大事ですが、どうも正当化する教育に進みそうで…

絵本を含めた文学や音楽、ドラマ…ありとあらゆる分野で反戦を訴えて…私は語呂合わせ記憶術をたくさん作って広め、地理と歴史に親しむように…


たとえば、フィリピンのシブヤン海とはどこか、頭の中のスクリーンにフィリピンの地図を浮かべて、あそこだと指させるようになれば、そこで起きたことは民族的な記憶になります。

また、インドネシアのサマラン刑務所はどこか?

私は、日本史も『スターリン秘史』に出てくる世界史の1ページ1ページも、頭の中にスイスイ入っていく基礎に、出来事を日付で覚えていく習慣が有効ではないかと思いつきました。

日々の日常生活の中で、70年以上も前のことですが、例えば4月30日の戦局は南方では中国ではヨーロッパでは、どうなっているか、国民誰もがパッと頭に浮かんでくるような習慣化です。

12月8日と8月6日・9日ぐらいは誰でも知ってるのですが…不十分です。

10月21日は学徒動員壮行会があった日で、10月25日は特攻攻撃がフィリピンのマバラカットから飛び立って…始まりの日だった…


など、繰り返し繰り返し戦争の悲惨に思いを馳せる習慣を、国民的レベルで作り出すのです。

これが戦争ができる国へと暴走し、雪だるまが山の斜面を転がり始めているような現局面に対抗するための私の提案です。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ