한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2006/6/30

青い目の人形のギュ-リックさんと同志社の徳富蘇峰との接点は?  隣国との友好と平和

 さきほど、NHKテレビで、『青い目の人形』を戦前の日本全国の小学校に送ることで平和を祈ったギュ-リックさんの子孫が、処分されずに守り通された人形の展示を見るために訪日されたニュースを報じていました。

 この報道を耳にして、徳富蘆花が書いた『竹崎順子』のボランティア入力作業をしている私は、心にピンときたことがありました。もしや・・・

 徳富蘇峰が大江義塾をたたんで東京に出て行った後の旧居に、熊本女学会あるいは熊本女学校をつくる相談などが行われていた頃にギユリキ夫妻が住んでいて、英語を教えていたりしている様子が描かれているのです。

 ギユリキとギュ-リック。似ています。

 しかもどちらも京都の同志社との浅からぬ縁があります。

 もし同一人物だとすれば、『青い目の人形』を日本中の小学校に送って平和を祈った人が熊本の大江?建町?にお住まいであったということになります。
 それは、フェイス学院高校や、横井小楠記念館。ジェーンス記念館。熊本バンドなどの由来の説明にまたひとつ色を添えることになります。

 正確なところを確認しなければ・・・
1



2006/6/30  15:12

投稿者:tajima 田島敬一

 日米の平和を祈って『青い目の人形』を1万数千体も贈るという運動を行ったシドニー・ギュ−リック宣教師が、かつて熊本大江の徳富蘇峰の旧居に住んだことがあるとしたら、昭和16年の開戦の詔勅を書いた人物が徳富蘇峰だったと知ったらどう思う事でしょう?

 開戦の詔勅の話は、インターネットで検索していて偶然知ったことで、本当に本当なのか、明治の自由民権への大きな影響をもたらした同じ人物が、そこまで国家権力に同調することができるものだろうか??と、いぶかしい気持ちです。


http://wind.ap.teacup.com/tajima/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ