한글문자 中文(簡体字)(繁体字) SPANISH 
                             

菊陽病院家族会会長  飲酒のように、ピアサポートによってタバコをやめようとする意志を強化し、互いに励ましあうための仲間との話し合う場が必要ではなかろうかと思うのです。

 現代人の心の健康は大変脅かされています。精神保健福祉を話題の中心にして、少しでも早期発見・早期治療に向かって、皆様と一緒に進んで行きたいと思います。イギリスのメリデン・プログラムが理想でみんなねっと
という全国組織に団結して運動をやっていきたいと考えています。

 手話言語法の制定を求める意見書が、西原村議会でも採択され、政府に送付されました。手話言語条例の方も制定されるように、まずは私自身が手話つきで一般質問ができる程度にはなりたいものだと思っています。

  
     
日本共産党の西原村議員・田島敬一 861-2403 熊本県阿蘇郡西原村布田834-160 096-279-2705

2017/6/28

アンモニアによるエネルギー革命  村のあちこち村おこし

小林麻央さんのことを真央さんと間違って書いてしまったようです。

小林麻央さんのブログはアイホンからも見ることができました。

実は小林麻央さんという人を知ったのは、闘病生活になられてからのことで、それ以前の、テレビ局でアナウンサー?か何かをされていたことはまったく知りませんでした。


市川海老蔵さんの奥さんですね。


改めて小林麻央さんの名前の林の字が2つ入っているところを見ると、小林麻央さんの星みたいな2つの瞳が二重写しにに見えてきました。

凛とした(林とした)生き方をされたみたいです。


ΦΧΨΩαβγδε ζηθι κλμνξ ?πρ στ υ φχψω

東京都議員選挙に、出ておられる日本共産党の候補者の名前を見ていて、目黒区の星見ていこさんの名前を覚えました。


目をくろ黒くぱっちり開けて夜空の星を見ていこう。

帰宅の始め。そね始め。
北区はそねはじめさん。


ΦΧΨΩαβγδε ζηθι κλμνξ ?πρ στ υ φχψω


サイエンスゼロで、CO2排出削減に関して、アンモニアの製法が新しく開発されていることを紹介していました。

復習になりますが、 従来のやり方は、ハーバー・ボッシュ法というそうです。

ハーバーに係留されたヨットめがけて、ボーイッシュな女の子が鉄の玉をボッチャと投げると、アンモニアがブクブクブクと出てきました。


それでは現代新しく開発された、アンモニア精製法は?
ヒドリド還元というような言葉が鍵を握っているような…


ひどい日取りぞヒドリッド。月末の忙しい時期に結婚式をあげるとは…

朝鮮窒素という企業が、戦前あったということですが、水力発電による電力が欠かせなかったのでしょうかね。そんな気がします。


というのは、窒素N2は三重結合をしているために、かなりな電力を使って分離しなければならないらしいからです。


地球生物及び人類社会の中で、窒素成分は、生きていくのに欠かせないもので、特に農業にとっては、空気中の窒素を固定する根粒菌の存在に頼っていたのですが、鉄を触媒とするハーバー・ボッシュ法がドイツで第一次世界大戦頃に開発されたことは、画期的なことだったみたいです。


それなくしては到底、70億人もの人口を支えていくことは、できないであろうということでしょうか?


ハーバー・ボッシュ法というものも今まで知らなかったとは…いやいや高校の化学の授業で聞いたことがあったような気もするのですが、すっかり忘れていたとは…

もっともっと科学技術の歴史は頭に入れていかなければと痛感させられました。

頻尿の私は、もしもハーバーにてションベンしたくなったら…

あらかじめブッシュを探しておいて、アンモニア水を放出すれば、いいのではないでしょうか?

ハーバーには意外とトイレは近くにないでしょうから。

オシッコしたいという切迫した思いを想像すれば、ハーバー・ボッシュ法という学術名が、危機感とともにやっとのことですんなり頭に入りました

ボッシュをブッシュと解釈したところがミソです。

アンモニアが注目されている点は、NH3と表記されるように水素を多く含むために、水素エネルギーで走る車に水素を供給するスタンドを、いかに安全に、しかもコンパクトに設置できるかが課題ですが、一旦アンモニアの形で貯蔵することができれば、爆発することもなく安全だということなんでしょうね。


問題はアンモニアからいかに簡単に水素を取り出すことができるかですね。

ルテニウムという、貴金属の1つである44番目の元素
が触媒にしての技術が開発されたんだとか…非常に高価なんでは?

都道府県番号の44は、大分県です。温泉と工業地帯のイメージとアンモニアとをこじつけて覚えられないか考えてみたら、偶然にも大分県というのは、沸点が低いというアンモニアの特性を生かして、日本最大の八丁原の地熱発電所がバイナリー発電という技術を実践に移していることとダブらせて覚えることが可能ですね。

地熱発電の適地は、日本の場合すでに温泉地になっている場合が多く、そのために地中を掘削しようとすると、温泉源が枯れてしまうのではないかという心配から、猛反対されて、なかなか実現しない状態だったのですが、バイナリー方式の発電なら、温泉地の排熱を利用できますので、アンモニアという熱の媒体は大変ありがたいものです。

つまりは大分県はアンモニアの恩恵を受けて、エネルギー豊かに暮らせる、可能性に満ちた土地なんですね。44番目のルテニウムとなんとか連想が結びつきました。


ΦΧΨΩαβγδε ζηθι κλμνξ ?πρ στ υ φχψω

ランサムウェアの『ワナクライ』という名前は、これ以上ないくらい不気味な雰囲気を漂わせています。


どこかの国または組織が、錬金術として考え出したのではないかと観測する向きもあるとか。

インタネットのサイバー空間ではすでにインフラをいつでも破壊できるという、一触即発の戦争前夜になっていないのでしょうか?そんな不安にかられてしまいます。

しきりに小手調べをやりあっているような…


ワナクライを日本語の『悪くない』と読めますので、従事しているウイルス工作員には罪の意識はまったくなさそうだという雰囲気が漂ってくるようです。


英語的には《Wanted to cry》でしょうか?



iPhoneから送信
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ