トスジャグリングユニット3D騒動記

赤シャツのDかい人とオレンジシャツのDメな人によるトスジャグリング専門ユニット3Dの
ジャグリング・イベント・パフォーマンス等の日記や、土下座な出来事を記す赤裸々ブログ

 

プロフィール

   トスジャグリング3D       ・赤シャツのDかい人    ・オレンジシャツのDメな人 「マスコット」Dック師匠   「趣味」土下座        「好物」カカオ・芋焼酎        

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:Dかい人
>D-ハマくん
DVDありがと〜。

IJCにマラバリ出身の人がいて、『今回の審査にはマラバリ内でも批判が続出してましたよ。』って言ってたよ。
ということは来年には見直されるんじゃないかな。

審査競技の難しいところだよね。
フィギュアスケートとかシンクロナイズドスイミングとか見てても分からないところがあるし。
技術点と芸術点があるなら技術点に重きをおいてほしいし。
かといってみんな同じような演技だと飽きてしまうし。

でもジャグリングが好きな気持ちはみないっしょだからいいんでないかい?とも思ったり。
こっちも今日からマイペースにジャグります!
投稿者:Dーハマ
どもども。そのうち技術部門とパフォーマンス部門とに分けなきゃいけなくなるかもねー。一応competitionと銘打ってるんだから技術を競ってナンボと思うんだけど、近年はexhibitionの色が強すぎだよね…。俺の中で「スゴイ」っていうのは「マネできない」ってことだから、「発想がいい」とか「新しい」だけの技は「コピー可能なルーチン」としてカテゴリ分けされちゃってChampionshipでの評価には繋がらないんよね…。道具別協議会とかで披露される分には拍手喝采だろうけど。ダラダラと言いたいこと言ったけど要は「自分がやって楽しいジャグリングを続ければいい」だけのことなので明日からもマイペースにジャグります。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ