おくさまのひとりごと

新潟県阿賀野市(水原)から発信しています
家庭菜園・六斉市・料理を中心にアップしています
最近カメラに凝っています
花のマクロ写真も少々!

 

おくさまからのお知らせ

このブログの更新は
終了しました。

スパム対策のため、
トラックバックは受け付けておりません。
ご了承ください。
コメントなどでご連絡をいただければこの限りではございません。


人気ブログランキング

クリックしてくれたら嬉しいな♪

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

AutoPageお知らせ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:おくさま
>纏さん
(。・ω・)(。-ω-)ぅんぅん
もう飛べないんだって。(´・ω・`)
足だけでも治ってくれればね。

>komeya3
瓢湖にいる白鳥が全部北へ帰ったら、怪我をして帰れない白鳥は全部瓢湖へ移されるそうです。
きっと来年は家族と会えるよ^^

http://www.uonoprint.com/
投稿者:komeya3
瓢湖に設置されてる檻は狭いですからね〜↓
飛ぶ事は出来なくても怪我が直ったら広い瓢湖に移されると良いのだけど・・・。
そしたら来年家族とも再会出来るだろうしね。

http://komeya3.exblog.jp/
投稿者:纏
Σ(- -ノ)ノ エェ!?
もう飛べないの??
そんな・・・・
かわいそうだね。。。
もともとは人間が設置したものが原因だもんね〜
複雑だ・・・
傷が早く癒えてくれるといいね。
がんばれ白鳥くん!

一枚目の白鳥そのまま伸び上がっていきそうだね〜ww


http://matoiblog.hananomai.vivian.jp/
投稿者:おくさま
>Racexpさん
高圧線の接触事故、結構多いそうです。
白鳥にとっては住みにくい所でしょうね。
命が助かっただけでも良かったです。
観光客が餌を撒くと近くにいる鳥は一目散に餌に飛びついてきます。
いや〜ぁ、すごいもんですよ。

>エンドウマメさん
はい、この瓢湖で一生を終えるようです。
命が助かっただけでも良かったですよ。
送電線に接触することも自然の摂理に反しているので・・・
羽は永久に治らないそうです、残念ながら。
瓢湖にはこのように怪我をした白鳥が沢山います。

http://www.uonoprint.com/
投稿者:エンドウマメ
捕獲された白鳥は、新潟で過ごすのですね。
まぁ、この地で見つかった事が不幸中の幸いと
思って、終生養生して欲しいです。 野犬や
他の動物に襲われなくて、良かったかも・・。
でも自然の摂理には反しているので、複雑な
気分ですが、怪我が治って瓢湖のアイドルに
なって欲しいな!

 
投稿者:racexp
飛ぶことができないのですか・・・
それでも命が助かったので何よりでしょうか。送電線に接触して落命するケースも多いらしいようです。
ところで鴨とえさを取り合う白鳥は野生の生き物そのものですね。かなり獰猛な場面を見せてくれます。以前鴨に攻撃しているところを見ましたが結構怖かったです。

http://yellow.ap.teacup.com/ef510

blogのお友達

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ