元本保証

アカルイミライ衝撃速報【チョン・ダヨン

2013/5/23 | 投稿者: wb7pxk9u


甲状腺機能更新症甲状腺機能更新症とは、甲状腺の機能が必要いじょうに更新(増大)し、甲状腺ホルモンを過剰に産出するびょうきです。

その結果、けつえき中の甲状腺ホルモンがたりょうになり、甲状腺中毒症のしょうじょうがあらわれます。

・卵巣甲状腺腫卵巣にできた腫瘍の内部に、甲状腺とどうようのそしきがはっせいするびょうきです。

その代表的な疾患がバセドウ病で、甲状腺機能更新症の約8〜9割をしめるとされています。

・妊娠甲状腺中毒症妊娠の初期(10〜15週頃)に母体の胎盤から分泌されるhCGホルモンが甲状腺にさようして、甲状腺ホルモンの分泌が増加します。
Yahoo
・プランマー病(過機能結節)結節とは「しこり」のことで、甲状腺にできたしこりが甲状腺ホルモンを過剰に分泌するびょうきです。

動物の甲状腺ホルモンは人間のものとほぼ同じ構造であるため、一定きかん服用した結果、ぜんしんの倦怠感や動悸など甲状腺機能更新症とどうようのしょうじょうが出るとされています。

・外因性甲状腺中毒症甲状腺ホルモンを含む食材をせっしゅすることによって、甲状腺中毒症になるびょうきです。

過去には、牛や豚などの甲状腺ホルモンを含有したダイエット用の薬剤服用による発症例がありました。

このほか、少数ですが次のようなびょうきがあります。

・甲状腺刺激ホルモン(TSH)賛成腫瘍脳かすい体にできた腫瘍が甲状腺刺激ホルモンを産出汁て甲状腺を刺激し、甲状腺機能更新症を生じさせます。

アトの1〜2割には、次のようなびょうきがあります。

・甲状腺ホルモン不応症甲状腺ホルモンの量が多いにもか代わらずホルモンの働きが鈍るせんてんせいのびょうきで、じかくしょうじょうはほとんどなく、余計な治療はふようとされています
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ