2009/3/30

お知らせです。ようやく退院いたしました!by 対馬  日記

 前回、病室からメールをさせていただいた対馬です。
ようやく退院いたしましたので、ご報告させていただきます。

 思えば、とるものもとりあえず1〜2泊分の荷物をもって入院したのは、3月1日。
退院は3月25日ですから、3週間半も入院していたことになります。
いやー、やっぱり皮膚が再生するのって、3〜4週間かかるもんなんですね・・

 現在の皮膚の状態は、ようやく全身新しい、ヨワヨワしい皮膚がはったところそこに、治療で毎日紫外線をあてているので、体中が赤黒くなっていて、夜、娘に軟膏を塗ってもらうとき、「おいしそーなクロブタの照り焼き!」と言われるぐらいです。

しかし!現在のわたしは、赤くても、黒くても、ブタのようでもいい!皮膚があれば。という心境です。
そして、みんなに、「皮膚って大事よ。皮膚がだめなときは、いくら気があせっても、ベッドの上で体を動かすこともできなかったんだから。ほんとに、全身が痛いし、かゆいし、熱いし、つらいのなんのって。皮膚さまさまだと、思い知ったわ。」と息巻くほどです。

ふりかえってみると、若い時からずっと、皮膚があるのはあたりまえでした。
かゆければボリボリかくし、ぶつけても、こすれても、少々のあざや傷ぐらい無視っていうほど、過信してました・・
今、わたしの手のひらと足の裏は、まるで赤ちゃんのような柔らかい皮に覆われ、血管が透けて見え、雑誌や新聞を読んだだけで切れて血がでるし、フローリング の木の継ぎ目が痛くて、素足では歩けないほどです。もちろん、お風呂で石鹸も使えせん(しみるので)。
家でそろそろ歩きながら、徐々に体(と皮膚)の回復をまっている毎日です。


「わたしのクリニック目白」(皮膚科、今回のことではホントにお世話になりました)の平田雅子先生に、「今後は皮膚を大事にします」と神妙な告白をしたら、「えー、皮膚を粗末にしてただとお?お肌はからだと心の鏡です、って、自分でも言ってたんじゃないのお?」とおこられました。ホント、身にしみます。反省します。

4月からは少しずつ、診療も、講演や打ち合わせなどの仕事も、復帰していくつもりです。
紫外線治療で、体は“日サロ”で焼いたみたいに真っ黒ですが、これが、今後1か月ぐらいで終わるらしく、その後、膿胞の再発がなければ、徐々にふつうの生活に戻していきます。

人間だれでも、弱いところ、隠れた病気の素因はあるものです。が、じっさいに、病気の「スイッチが入る」のは、ひどい疲れ、ストレス、加齢、更年期や出産、薬剤や手術など、からだや心に負担がかかったときだと考えられます。

今回のわたしの「スイッチ」は、なんだったの??
いまだによくわかりません。
皆が言うように、過密なスケジュール?あるいは、経営やこどもの受験のストレス?それとも更年期???
ひとつかもしれないし、全部かもしれない。
自分では、そんなに大変なストレスとは感じていなかったことが、そもそも問題なのかもしれません。

でも、今後は、エスカレートしすぎてしまったスケジュールを、もうちょっとのんびりしたものにして、この病気とじょうずにつきあいながら、再発させないようにすごしたいと思います。

夏ごろには、元気に、自然のお日さまで焼けた顔と手足で、皆さまにお会いしたいものだと思います。
どうぞみなさまも、お大事になさってくださいね。
それでは、また・・

対馬より
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ