2009/4/21

対馬です。現在リハビリ中?です。  

 突然の皮膚の急病で、3月はほぼ1カ月入院しましたが、4月からはこわごわ少しずつ週半日2回診療をやってます。すぐにもとのペースに戻せないのは、再発がこわいから。それと、すっかり体力が落ちているからです。
 じつは、郷里の開業医の先生で、わたしとまったく同じ病気(膿胞性乾癬)のかたが、再発して亡くなったという話を聞き、ちょっと恐くなっているのです。たしかにインターネットで調べると、難病センターのデータに死亡率が20名にひとりぐらいと出ています。でも入院中も、口先と気持ちだけはずっと元気だったわたしは、自分が生命にかかわる病気などとはまったく信じられず、どんどん皮膚が生えかわって退院すれば、もう病気ともおさらばと思っていました。でも、今になって、再発が50%ぐらいあると聞くと、いったいどうしてこの病気が発症したのかわからない身としては、ちょっと不安です。診療は、夜間の外出は、オペは、出張は、どれぐらい大丈夫なのでしょうか。少しずつ、やってみるしかありません。
 じっさい、今はまだ、数時間診療をすると両手のひらがひりひりし、お腹の皮膚がずきずきし、足がかゆくなってきます。これが再発だったらどうしよう、と不安に感じます。いまのところ、なんとか無事ですが。また、やけに疲れるのが早く、すぐ横になりたくなってしまいます。一昨日のセミナー(4月19日品川で開かれたOCスキルアップセミナー)では、自分の出番が終わったら、「はー、早く家帰って寝たいー。」という感じになって、懇親会は失礼させてもらい帰宅。ベッドに入ったのは、なんと(夜)8時前でした。
 今後は、週半日2回の診療を、徐々にふやしていく計画です。「3月に突然の休診、代診の連絡を受けて以来、どうしたことか」と不安に思っていらっしゃる患者さまもおられると思います。現在、少しずつ診療をふやしながら様子をみているところですので、どうぞ事情をご理解のうえ、いま少しお待ちください。もし、何か緊急のご用件の場合には、事務長の町田あるいは総務の成田までご連絡ください。
 それにしても、クリニックのドクターたち、ナースたち、受付・コンシェジェたち、技師たち、セラピストたち、他スタッフに、感謝する毎日です。みんな、私の突然あけてしまった穴をしっかりと埋め、診療の質を高く保ちながら、私の回復をあたたかく見守ってくれていま
す。心からありがとう!
 そして、たくさんのわたしの患者さんたちにも心から感謝です。素晴らしいお花、珍しいお菓子、ガーゼのタオル、お茶やぬいぐるみなど、こころ温まるお見舞いの数々をいただき、本当にありがとうございました。ご迷惑をおかけして本当にすみません。お心遣いを忘れずに、今後は“からだを気遣って”末永く、良い診療をしていきたいと思います。また診察室でお会いしましょう。(対馬ルリ子)
148




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ