2009/6/20

対馬です。  

対馬です。蒸し暑い日が続きますね。こんな日は、クリニックにいらっしゃる方たちにも、体調不良が多くなります。頭痛、肩こり、腹痛、腹部膨満、不眠やだるさ、むくみなど。かくいうわたしも、朝目を覚まして、どんより・・ということが多い毎日です。
 でも、いざクリニックにつき、いろいろな方とお話しているうちに、不思議と元気が出てきます。診療がはじまり、患者さんのお話を聞いていると、何かしてさしあげたい、何か少しでも役にたちたい!と、頭がくるくるまわり出し、こころがアツくなってくるのです。そして、最近は特に、「おだいじに。またお会いしましょうね。」とお別れのごあいさつをすると、「先生こそお大事に。お元気でいてくださいね。」と返され、「お互いに。」と、どちらが医者だか患者だかわからないふうになってしまいます(笑)。「先生とお話しするのが楽しみだから、生きていてくれないと。」と泣かせることをおっしゃるかたもいます(涙)。ホントに、短い人間の一生だからこそ、ここでめぐりあって助け合える、ひとりひとりの方とのご縁が、唯一無二の財産です。
 さて。最近、わたしは、新しいベッドを買いました。豊洲ららぽーとのin the roomで、あれこれ寝てみて選んだのが、表面5センチが低反発でその下がかなり固いマットレスと、アメリカ製の白い革のヘッドボードがついたフレーム。ベッドも20年も使うと古い気や汗や匂いがしみこんでくるようで、ここらで気分一新するのがいいのではと思ったのです。
 そのためか、あるいはまだ抗アレルギー剤をのんでいるせいか、うそのようによく眠れるようになりました。もともわたしはあまり寝ないほうで、幼稚園のころから「寝なさい!」と親に叱られるのが苦痛でしょうがなく、おとなになっても「寝るより遊ぶほうが好き」なためずっと5〜6時間睡眠を貫いてきたのですが、ここにきて信じられないことに、なんと9時間も寝てしまうことも。11時にベッドに入り、ふと気がつくと8時半ということもあります。入院以来、筋トレもしばらくお休みしていますので、“寝る子は育って”しまい、ちょっとそろそろ体を立てなおさなければとは思っていますが。でも、長い長い間の疲れを、この数カ月の睡眠でとりもどしているかのようです。それとひとつだけ言えることは、「よく寝るとお肌の調子がよい」ということです。ホントです。みなさんもお肌が荒れたら、早めにベッドに入ってぐっすり眠ってごらんになってください。
 ちなみに今わたしの枕もとには、何冊かの本とパソコンのほかに、父の写真と、紅水晶のハートと、直径4センチのかわいい「おりん」と、蓮の花のお線香があります。この「おりん」は、当クリニックと同じ銀座一丁目にある「厨子屋http://www.zushiya.com/home.htm」で買いました。チーンという涼やかで小さな音色は、とても素敵です。厨子屋は、会津若松の御仏壇の会社がやっているお店ですが、小さくてセンスのよいギャラリーです。
 厨子屋さんのようなセンスのよい小さなお店が並ぶ銀座一丁目。今はなくなってしまったけど、吉川千明さんの「若草漢方薬局」、おでんの「よしひろ」もありました。インド料理の「グルガオンhttp://www.dhabaindia.com/gurgaon/index.html」や、京料理の「御蔵(みくら)http://www.fukunaga-tf.com/mikura/index.html」、炭のアートの「掌(たなごころ)http://www.tanagokoro.com/index.html」、「ホテル西洋銀座http://www.seiyo-ginza.co.jp/」もあります。そうそう、ホテル西洋銀座と当クリニックとで連携する検診+宿泊企画も進めています。またご紹介しますね。どうぞ暖くてセンスのよい、銀座一丁目村にも、一度おこしください。
14




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ