2010/9/27

猛暑の中のイベント報告 その2(対馬ルリ子)  

はーあ・・
9月19日からの夏休み初日に送って、ルンルンで旅行に出かけたはずのわたしのブログが、何かの手違いで文字ばけしていたそうで、すみませんがかなり季節外れとなりましたが(この1週間でもうすっかり秋になりましたね)とりあえず以下のブログを出さしていただきます。
はーあ・・
もう秋。夏休みは終わり。これから、本格的に秋のお仕事シーズンです・・
わかってはいるんだけど、夏休みが終わった小学生の気分です。

>>
>>

9月4日、土曜日は9月というのに気温37度の炎暑でした。雲ひとつなく晴れた暑い中を、お台場で10キロも!ランしたツワモノ女性たちが500人もいたこと、テレビで見たかたもいらしたのではないでしょうか。この陰には、しおかぜ公園の広場にテントを張って、一日イベントを盛り上げた人々もいたのです。そのなかのH&BRのテント(講談社のヘルス&ビューティレビューという会員制雑誌のテントです)で「貧血検査コーナー」をやったのがジュノ銀座産院のメンバーたち。助産師さん、事務さん、セラピールーム「スイート」の神崎さん、ユーノスタジオでアルバイト中のうちの娘、そしてウィミンズ・ウェルネスのメンバーたちも応援に出てくれました。

この「貧血検査コーナー」は、血球算定(貧血検査)、酸素飽和度、血圧をワンコインではかり、その日のランに万全の体調か要注意なのかを、すぐその場で判定します、というもの。もちろん、採血するので医療用器具を全部持っていかなければなりません。協力してくれたのがフクダ電子という医療用器械の専門家です。

12時のテントオープンとともに、女性たちがどんどんやってきました。ところが!器械に「エラー」が出てしまい動きません!!わたしたち人間も暑さでくらくらしてましたが、器械ってふだん病院の涼しいところで働くものなので、もっともっとデリケートなようです。あわてて氷を買いに走り、扇風機をあてて・・ようやく少し冷えて動き出しましたが、その後も止まったり動いたり、ごきげんななめです。でも、この日なんと80名近くの女性が貧血検査を受け、ついでにわたしや助産師が健康相談もお受けしました。

ヘモグロビン値が10ぐらいしかなかった貧血のひとが2人、血圧が160近い高血圧の人が3人、脈拍が110以上もあった具合わるそうな女性がひとり。酸素飽和度はだいたいみんな97%以上でしたが、ひとり94%と低めのひともいました。症状もなくラン前で張り切っているので自分では気がつかないのですが、ひどい暑さや寝不足や、過多月経(月経量が多い)で貧血になっている人や・・・。みなさん健康には気をつけましょうね。うちのクリニックでは、いつでもこのような検査が可能です。(今回は講談社さんのご好意でワンコインという格安料金でやりましたが・・普段でも貧血検査はさほど高価ではありませんのでどうぞいつでもいらしてくださいね。)この日、クリニックの検診案内+検診割引券を配ったのですが、500部すべて持って行っていただきました。

はー、熱くてたいへんだったですが、やってよかったです〜」

>>
>>

読んでたら、「なんだか元気だったなあ、わたし。」と懐かしい思い。これが夏休み初日の気分だったんですね。
今は一気に秋気分です・・対馬より
6




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ