2008/6/26

循環器内科の池田和子です  スタッフ紹介

初めまして、池田和子です。当クリニックでは内科を担当しています。大学卒業後は内科のなかでも循環器内科を専門にしてきました。循環器というと主に心臓・血管に関する疾患を扱う分野なのですが、当クリニックでは女性外来として専門に限らず女性の様々な健康上の悩みに対応していきたいと考えています。同じ女性として、健康で自分らしい生活をエンジョイ出来るようお手伝いできたらうれしいです。さて、内科の先生がどうして?・・・という疑問がある人もない人もいらっしゃると思いますが、まずは私と女性外来の出会いから簡単にお話しいたします。
2002年12月に第1子の出産をきっかけに大学病院の喧噪から離れることになりました。これまでの忙しい生活からのんびり子育てライフを夢見ていたのですが、それはやはり夢でした。子育てはそれなりに楽しいものの、医師としての私はどうなるんだろうと、子供の首がすわるころに頭をよぎり始めました。そんな時に、書店で目にした1冊の書籍。“女性外来が変える日本の医療”その魅力的なタイトルを無視することは不可能というものでした。目から鱗といいましょうか、こういう医療があるんだと感激した気持ちは今でも忘れられません。ならばすぐに対馬先生のクリニックの門を叩くべきでは?そうかもしれなかったのですが、循環器の専門外来や一般内科の外来の仕事をすることになり、女性医療はしばし頭の片隅においておかれてしまったのです。私は心臓という臓器が好きで循環器内科を選択し、一般内科では老若男女を問わず様々な疾病、健康問題に対応してきました。今思えば男性を診ているからこそ理解できる女性との違いもあるなと感じています。頭の片隅にあった女性医療への思いは消えることなくむしろ熟成していたのかもしれません!?
いつか女性外来の仕事が出来たらなぁと考えていた私は、2007年あの対馬先生と対面することになったのでした。場所は横浜で開催された日本女医会総会。私は総会のお手伝いをしていたのですが、そこへ日本女医会の理事も務められている対馬先生がいらっしゃいました。“わぁ、ナマ対馬だ”(先生、申し訳ありません)とアイドルを目の前にした10代の少女のような!?感激ぶりでした。もっとも私は10代ではないので(書くまでもありませんが)握手や写真をねだるということはしませんでしたが、タイミングを見計らって先生に声をかけたのでした。そして銀座のクリニックを見学させていただき、女性が元気で健康であり続けることをサポートすることがとても魅力的に思えてきたのでした。何度となく対馬先生の外来を勉強させていただき、昨年11月からは外来をやらせていただくことになりました。
みなさん、願えば叶うというのは本当かもしれません。私の実体験で恐縮ですがこうしたい、ああしたいと願い、それに向けて何らかの努力をすればきっと叶うものと思います。
3



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ