2012/9/19

一週間をふりかえって(対馬ルリ子)  

対馬です。めまぐるしい毎日のなか、季節が移り変わろうとしています。

この1週間をふりかえって報告です。

9月11日火曜日。大変なことが起きました。オペと診療のダブルブッキング。いくらなんでも両方同時にはできません。ひどい脱の患者さんはオペできれいに(本当にあんなにぷっくり出ていたのがうそのように!)治ったのですが、外来患者さんには大変なご迷惑をおかけしました。診療予定を立てるもの、患者さんの対応をするもの、対馬のスケジュール管理がバラバラで、連絡や協力がかみ合いません。そして明日は伊勢丹クリニックのオープン。どうなることやら。

9月12日水曜日。朝から伊勢丹クリニックにスタンバイ。友人や姉妹たち、わたしの患者さんたちものぞいてくれて、ごあいさつとご案内の一日でした。佐藤久美先生、柴田美奈子先生、スタッフたちもよく働きました。夜は20時半からメディア内覧会があり、こちらもしばらくお会いしていなかった方たちが次々見に来てくださって、感謝。終わったのは22時。

9月13日木曜日。午前中診療やってから、午後はオペ。宋美玄先生と一緒に、外陰部デザインオペ。ふたりでか〜なり美的にこだわって、美しい仕上がりになって満足。それから東京産婦人科医会のがん検診対策会議というのに出て(東京のなかでも、区によって子宮がん、乳がん検診の対象、値段、取り扱い、方法、お知らせなどがバラバラです。統一してくれないものでしょうか。それより、どこで受けてもいいことにしてくれないでしょうかねえ。区をこえて県をこえて通勤や日常移動している人がたくさんいるのに、とても不便です)、夕方から不妊と周産期の研究会。梅ヶ丘産婦人科の辰巳先生のお話が印象に残りました。20代の不妊と、30代の不妊と、40代の不妊。たしかに、年齢が上がるほど妊娠率は落ちるけれども、妊娠に至るための方策は、まずはタイミング法でいいそうです。40代だから体外受精でなければ妊娠しないというわけではないと。なるほど〜

 14日金曜日。午前、午後診療。合間に東大に行ってじぶんの受診。まだ皮膚科に2か月に1回通っています。「変わりありませんか?」「ありません」「それではまたお薬を出しておきますね」で、3分の受診です。クリニックに帰って診療して、終わって東京駅に急ぎ、宇都宮へ。宇都宮の産婦人科医会が呼んでくださって講演会。テーマは「地域で守る思春期の性の健康」でした。暖かく歓迎してもらい、たくさんの産婦人科の先生方とごあいさつさせていただきました。

 15日土曜日。午前は診療、午後は日本女医会の理事会でした。今年は副会長にならされたので(使い走りです。最も若い役員なので)いろいろな議題も真剣に関わらなくてはならず、頭が疲れました。帰宅は22時。

 16日日曜日。おのころ心平さんというかたと7月の経済産業省の会議で出あったのですが、その場で頼まれて「自然療法研究会」という会でお話させていただくことになっていました。聞いたらなんと午前講義、午後ディスカッションの、1日みっちり勉強です。午前2時間はわたしが(あいも変わらず女性の健康について)お話させていただき、午後はシンガポールの人気ブロガーのバニラさん、国境なき料理団、湯島食堂の本堂佳子さん、外科の川島亨先生、ホリスティックビューティ協会の岸紅子さんと、おのころさんを司会にパネルディスカッション3時間。密度の濃い、素敵なお話会でした。みんなでウルウルしてしまうお話がたくさんありました。この会いいです。そして、おのころさん、明るくて素敵なひとでした。すっかりみんなお友達になりました。

 17日月曜日。祝日です。伊勢丹に11時から入り、1階の三角ステージで、2時、4時、6時の3回セミナー。テーマは「5年後も輝いて生きるために。女性検診のすすめ」です。6人ずつテーブルを囲み、いろいろなおしゃべりや質問を交えながら・・こういう小さな集まりもいいものです。参加者は30代〜40代の女性たち。みなさんひとりずつ参加されているのに、あっという間に親しくお話できるようになりました。

 こんな感じに、わたしの一週間はすぎています。まだ蒸し暑い日が続きます。秋口は体調をくずしやすいですので、みなさんお大切になさってください。

8




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ