2007/2/21

やっぱりいまいちだった  モーターレーシング

期待のホンダF1チームだが、やっぱり状態はよくなかったようだ。



テストのタイムをみるとビックチームで一番遅そうなのが予想されたが、白人のCEOが強がってお茶を濁す中、本田技研側の中本ディレクターは公式会見ではっきりと出遅れを認めた。ただ、今年にかけて、大変更をしたことが理由とのこと。見かけも確かにかなり変わっている。そうであれば、開発スピードさえあげれば、開発コンセプトの成果を挙げることは可能だろう。そうなることを願いたいものだ。

また、アグリの車はオーナーいわく、クラッシュテストに落ちるくらいだから(笑)アグリ独自の車でHRC(ホンダワークス)のものではないとのこと、情報を照らし合わせると、要は栃木の技術研究所の車をアレンジしていくということらしい。そうであれば、むしろこれがホンダ純正という気もする。スタッフ陣が手薄なので開発スピードに不安は残るが、昨年はその点大健闘だったのだから、楽しみに動向を見て行きたいですね。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ