2011/9/7

じりじりあがっていく放射線量  ツインリンクもてぎ

ツインリンクもてぎに出かけるに当たっては福島の原発事故の悪影響を心配することもないのではないかと記事にした。

計測値の上下動から内部被曝をするような状態ではなさそうだという判断をすれば、通過する時の線量としては、もうこれで心配をするならば、なんにもできなくなってしまうようにも思える。

そんな計測結果から汚染地域を通過してみたののだが、やはり柏を中心に流山、守谷という一帯は計測数値はぐんぐんあがっていく。

当該の責任ある立場の人たちは、ここらへんに住む人たちにどういう気持ちをもっているのだろうか。やはり具体的に数値がでてしまうと通過するだけでも、大変不愉快な気持ちになる。

復路はこういった状態が落ち着く野田のほうに迂回してしまった。
なんとも悲しい話だ。

ツインリンクもてぎが土砂を外部に持ち出さないように建設されたのは、少しは知られていると思うが、確かに現在建築中の第2アクティブセーフティの工事にあたっても、谷を埋め立てる大工事があったが、北ショートコースの奥も、元の地形と対照する写真でもあれば、それは驚嘆するしかない出来上がりで基礎の土木工事が終わっている。出来上がってから見ても、それはあまりに自然でわざわざ作りこんだものだとは信じられないだろう。あの段々の斜面は、それだけで見る価値があるように思えるが、それだけの工事をやるに当たってもいまや、土砂を運搬することによって、それをぶちまけることが憚られる時代なのだ。

土砂などというかわいいものでなく、放射性セシウムなどをぶちまけるなどということは、まったく許されるものではないのは自明の理、果たして当事者たちは何を考えているのであろうか。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ