2004/10/15

嵐のF1  モーターレーシング

携帯投稿機能を活かし、鈴鹿から投稿するつもりでしたが、とてもそんな余裕がありませんでした。台風による土曜セッションの中止、日曜日に歴史上初の予選、本選同日開催という訳で慌しく、大変なグランプリウィークを過ごしました。

佐藤琢磨も予選、本選とも4位、ここしばらく日本人ドライバーがこんなに活躍できる場面はなかったのですから、これはこれで楽しいのですが、贅沢なもので今年の状況であればもっと多くを望んでしまいます。特にバトンにやられたのがちょっといまいちに感じてしまうほど期待はでかく、皆そうだったせいか、そのぶんの盛り上がりも凄いものがありました。モーターレースの人気もまた高まってくるのかな。モテラ界なんかをみても、あのホンダパワー全盛の頃にファンだった年代がそのまま移行しているような感じさえ受けます。鈴鹿の観客層も当初にくらべだいぶ年季がはいっているように思いますし、新たな世代のファンも増えるのでしょうね。レースの帰途に今年は、あれ、通路がよく分かってないのかな?と思われる人がなんか多かった気がします。初めての人なのかも知れません。皆の目には今年のグランプリはどう映ったのでしょうか。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ