2006/2/9

人を喰いものにする続編  車の運転で感じたこと

そもそも、礼儀正しくトラックバックの対価としてリンクをかけておいた旧道路公団のばかばかしい行状の記事も早くもリンク切れ。あまりにいつもいつも人をバカにしたような話しで満ちているので、実は何の話だかいまいちわからなくなってしまったことにには、率直にお詫び申し上げたい。ただ、わざわざ職業運転手の方の話題をもちだしているのだから、ETC割引の影響で路肩で時間待ちをする運転手が危ない
という話だったと思う。旧道路公団は迷惑づらだが、全面的に悪いのは旧道路公団と国土交通省の欲ぼけ役人だろう。そもそも高速道路はただなのだ。いつまでも金をとらなければならないのはこいつらが間抜けなだけであるのは多くの人が立証してきたことだからもう多くを語らない。確かこの話しで、ETCをいっぱい、さんざ、理屈をつけて高い金で設置しておきながら、全然人員削減できないとか、一部儲かりそうもない辺鄙な道路は国と地方に作らせて、残りの道路は高速道路はやっぱり全部作ることにしましたとかいう、他の同じく噴飯物のお話ではなかっただろう。

トラック運転手の劣悪な労働状況というのは彼らが自営業者であることに起因している。彼らはまず高〜い大型トラックを買う(設備投資)しなければならない。大きなタイヤやっぱり高い。長い距離を乗れば整備も大変だ。もちろん、ガソリン代も、外食のお金も、高速道路代金も経費となって利益を圧迫する。労働基準法に沿った働き方などしていては、仕事にならない現実もあるだろう。石原都知事が言い出すまで、きれいな乗用車の排気に比べて異常に汚いことが認められてきて、最近のきれいな空気を考えればとんでもないことであった大型トラックで金を儲けていたのは???、自動車整備業界を守ってきたのは???高速道路でいかがわしい利益をごまかしているのは???。
そう全て官僚とその天下りです。
運転手は過大な負担を強いられ、汚い空気をまきちらし、時にはうっかり悲惨な事故で親子連れの乗用車をぺったんこにしたり、路肩を歩く人を跳ね飛ばしたり、いろいろあるけど、まあ、大して儲かっているようにはみえない。というよりかなり大変なんじゃない!
官僚が儲けられるように、あらゆる配慮はされているが、人の安全や健康や、幸せな生活のことなど、あんまり配慮されていない、そう思うのは私だけだろうか。
もちろん、こちらのブログのような意見の方も多いとは思うのだが、なんら経営の効率化にはなっておらず、儲かる道路だけやらせてもらって、高い料金を保証してもらい、ライバルもいない経営で、申し訳程度に返済(道路保有機構への利用料支払い)しているふりをして社会情勢が変わってあと45年もかかっても返せなければ、やっぱりだめでした〜といえば済む話なのだから、やっぱりすごくおいしい。
簡単に言えば、どこかで金を借りておいて、やっぱり最初のプランじゃ返せない〜とだだをこねて、払う気はあるんだけどね〜といって10円づつ払うような行動をとりつつ、実は派手な暮らしをするというのとまったく同じ行為なのだ。そういう裏社会的生き方それが旧道路公団会社の本質なのだ。おいしいな〜。
それに何も言わずに、大人しく金を払い、コイズミを支持する皆さん、そんなにちょろまかされるのが好きなら、私にも金下さい。ご連絡お待ちしております。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ