2009/3/30

昭和レトロへ  分類メンドーw


昨日のことです。


始まりはなんだったのか親方も私も思い出せないのですが・・・


お互いに砥ぎものをしていたんですよね。

親方はカンナ。私は包丁。


で、砥ぎあがった包丁を親方にチェックしてもらい(これは初めてのこと)

自分でも拡大ルーペでチェックし・・・



そ〜〜〜したら!!!

これが自分で言うのもなんですが、ヒジョーによく砥げていたのです。

親方も感心するくらいに♪


「なかなか男の人でもここまでよう砥がんで。上手やなぁ。
 さすが鉄の包丁持ってるだけあるわ」

なんて♪♪♪



そこからどうやって話しが流れたのかを覚えていないのですが・・・


我が家には「鰹節削り器」があります。

私がお嫁に来る時に持ってきたものです。

その「鰹節削り器」の話しになったのですよね。



んで、出してきて・・・


お嫁に来てからこのかたほったらかし。

というか、これ私の実家で私が子どもの頃、使っていたものなのです。

購入時期は、「多分」両親が結婚した頃、つまり、約50年ちょっと前?

もしかしたら、その前に祖父母が使っていたものをもらったかも、という

母の記憶も定かではなく。。。


そうすると、最低でも50年前のもの、もしかすると、60年とかもっと前のもの?


すごっ!



さて、こんなものを見たら親方の魂に火がついたようです。


「よっし! これを使おう。修復するぞ!!!」ですよ。


ええ!!!???  まぢすか?だったんですが、


現在ほとんど修復完了です。

鰹節もネットで注文しました。


ホームページにその様子を、鰹節が届いてそれを削っているところまで

写真に撮れたらUpする予定です。


乞う ご期待!


クリックすると元のサイズで表示します
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ